印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


浮島さんがよかごつしてやんなはる

  

HOME > 社頭祈願 > 厄入り・厄晴れ・厄除け


浮島神社 冬景色スライド


浮島神社夏景色

厄は2種類。

年廻りの厄と災難の厄です


短大時代のクラスメイトとご一緒にお祓いでした。

年齢による厄年

めぐってきた年齢によって定められた厄年のことをいいます。
神社では数え年でかぞえます。
厄年表を見てください。

厄年表

厄入り・厄晴れ・厄祓い--厄除け

【厄祓い】
平安の時代からあったようです。
男は42歳。
“シニ”につながり、女は33歳。“サンザン”ですね。

この年をはさんで前年が【厄入り】。
後年が【厄明け】といわれています。

この3年間が人生で最も厄介な歳とされ、神社でお祓いを受け、まもってもらう特別な期間です。

いつがいいか?

年明けから節分までがよろしいかと存じます。

熊本では6月1日を良き日として厄祓いを受ける方もおられます。

6月1日はめでたき日。

還暦などの賀寿に最適です。

久留米から
けれども厄は、入って既に半年たった状態になっています。

厄祓いは早めがよろしいかと思います。

混みますし、災いが振りかかる前に祓った方がいいからです。

遅く入って、はやく上がる。

という考えで、歳の暮れに厄入りをし、新年すぐに厄晴れをされるかたもおります。否定はしません。お手伝いもさせていただきます。けれども、上記の考えからベストではないでしょう。

誕生日に来られる方もおられます。

自分なりのラッキーデーがあれば、それも大吉でしょう。
厄については諸説百般、さまざまです。中世では毎年厄祓いをしていたようです。さらに地方によっては、小厄、中厄、大厄と分けているところもあります。


災難・厄を祓う

運をいただく

今年は、なんか変? はっきりしないが、どうもなんかおかしい。

災難の厄とは

• 家の中で怪我、不幸不運が続く

• 事業が、なぜかうまくいかない。原因がわからない?

• 職場で怪我、不運が続発する。

などです。

調べてみたけれど、厄年ではなさそう?
そういった場合は、
【難を消除する厄祓い】
かもしれません。
年齢には関係なく現れる負の状態です。



浮島神社ではそういった方々のための「災難落とし」の厄祓いをさせていただいております。
通常のご祈願に「大祓詞」をプラスして奏上いたします。

それでしばらく、様子を見てください。
うまくいかなければ「人形流し(ひとがたながし)」をします。


厄払いの料金?

玉串料または初穂料といいます。


初穂料または玉串料といいます。

浮島神社では「お気持」で納めていただいております。



多くは、3千円~5千円というところです。神前にお供えさせていただきますので、封筒またはのし袋に「玉串料」と明記し、名前を書いてお渡しください。ご神前にお供えさせていただきます。







お守りはもらえますか?


厄入り・厄晴れ・厄祓いに限らず、すべてのご祈願にお守りを無料で授与しております。



数え年って?

厄年は、数え年でおこないます。数え年とは、お腹に命が宿った時点で1歳と考える日本の伝統的は年齢法で、お正月ごとに年を重ねます。

例えば、暮れの12月31日に生まれた場合、この時1歳です。で、次の日、年が明けて元旦。数え年では、2歳となります。








縁起の良い日はありますか?

毎月1日、15日、大安。旧暦の朔日、十五日をお勧めします。

毎月の1日、15日はキリのいい日です。旧暦の朔日は「朔の日」。月が出ない新月の日、暗闇の日です。浄化作用が強い日とされております。十五日は「満月」です。エネルギーが満ち、御神徳(おおみのり)を受けやすい日です。

あとは、大安。土曜日曜など気安い日で大丈夫です。
浮島神社では、参拝者が来られた日を「足る日」としてお迎えしております。
大安カレンダーです。参考にしてください。









「タンクマ」平成25年1月号にパワースポットと紹介!



ご夫婦で


お子さんとご一緒に私も


熊本市南区から。


ご家族おそろいで。


平成25年1月そうそう前厄のご祈願に。熊本市からのお二人です。


初春に厄祓いで中央区から。


厄祓いでお出でくださいました。


福岡と大津市から姉妹で厄祓い


福岡から本厄で。自転車御守りもゲット!


祓いについての動画を作成してくれました。

日本のこころ 祓

わかりやすいので、ご覧ください。

この動画にでてくる“いざなぎのミコト”は浮島神社の夫婦神の男神様のことです。

浮島神社 冬のイメージスライドです。

伊勢神宮の式年遷宮のイメージ動画『杜』に浮島神社の朝焼けと井王神社のこんもりとした姿が使われました。
こちら⇒伊勢神宮『杜』


浮島神社の神 “いざなぎの大神”は「祓えの神」

祓戸(はらえど)の神々を産んだ神様です。



浮島神社の主神のお一人“いざなぎの大神”は、祓えを司る神々を生成させてました。このことによって私たちは、嫌なもの、災いなどを“祓う”ことができるのです。


全国各地の神社の祭典にあたって必ず最初に唱える祝詞である「祓詞」という言葉があります。


「伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ) 筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に 禊祓給ひし時に生り坐せる 祓戸大神たち ……」





浮島神社の“いざなぎの大神”が、黄泉から帰還した際、筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原というところで、禊(みそぎ)をしました。その時“いざなぎの大神”から「成った」神が祓戸の大神なのです。











浮島神社の男神 “いざなぎの大神”から生まれた祓戸(はらえど)の大神━ハラエの神

順番

御神名

生まれたもの

 一

衝立船戸神

御杖

道之長乳歯神

御帯

時量師神

御嚢

和豆良比能宇斯能神

御衣

道俣神

御褌

飽咋之宇斯神

御冠

奥疎神

御左手の腕輪

奥津那藝佐毘古神

御左手の腕輪

奥津甲斐弁羅神

御左手の腕輪

辺疎神

御右手の腕輪

十一

辺津那藝佐毘古神

御右手の腕輪

十二

辺津甲斐弁羅神

御右手の腕輪

大祓の詞の祓神

順番

御神名

御神徳

 一

瀬織津比売

せおりつひめ

罪穢れを川から海にもっていく

速開都比売

はやあきつひめ

罪穢れを飲み込む

気吹戸主

いぶきどぬし

根の國・底の國に息吹を放つ

速佐須良比売

はやさすらひめ

罪穢れを消滅


この四柱の神々が罪・穢れを祓ってくれます。

すでに千年

御創建から現在まで“井王家”が宮司を務めています

当主は井王家43代目。宮司としては41代目。浮島神社には井王の人間が3名奉職しております。お祓いはすべて社家の井王が真心をもってご奉仕いたします。

祓いをするのに最適な神社

悪いものを流し去るには“水”が必要です。

水神 井王三郎直久
どんな神社にも「手水舎」というものがあり、口と手をそそぎます。これも禊祓の1種なのです。


浮島神社には“水”がいっぱい

しかも、地の底から湧き出でてる清らかな伏流水です。この水の気を浴びて、すっきりしてください。








浮嶋神社について浮嶋神社について
ご祈願ご祈願
ご祈願ご祈願
出張祭典出張祭典
ニュースニュース
お問い合わせお問い合わせ


厄年表

お祓いの申込み

厄年表


去年に引き続き タンクマ平成26年1月号で紹介されました。